音が気になる

絶対音感があるわけじゃないけど、
合唱部にいたからか、音のズレに敏感で
朝ドラフリークですが
「エール」が辛くて、離脱しました。
詳しくは書きません。
俳優さんを尊敬しているからです。
でも、どうしても生理的に音がずれるとダメなんですね。

HSP(繊細さんと呼ばれる新しい定義)もあるかも。

新しい朝ドラ「おちょやん」の
秦 基博さん「泣き笑いのエピソード」
朝に癒されるいい曲ですが「ん?」となりました。
このフレーズ・・・

この件は歌謡曲やPOPS、なんかもネタ切れしてきて
どうなるんだろう〜?と思っていたんですが、
最近この現象よく起きます。
あいみょんとか。(あいみょん好きです)

4小節以内はOKとかパクリ疑惑とか
色々あるけど基本的にサンプリングやカバー曲も好きで
オマージュもOK、要はその曲がよければ許しちゃうんですが、
「おちょやん」は毎朝聴くのに
よりにもよって私の愛する

「GROOVE TUBE」FLIPPER’S GUITAR

のいちばん好きな場所の旋律だったために、
その続きが違う旋律になるのがもやっとします。

ちなみに、今すごくダメなCMが
ダイハツ「ムーヴ キャンバス」
大滝詠一の「君は天然色」が名曲で聴きすぎているだけに
あの不安定な歌声に背筋がゾクゾクします。

あ、もちろん「楽天モバーイ」もダメですよ!
修正しても頭カチ割れます。

「音楽」が狭くなっている気がします

最近のランキングとか
Apple MusicやSpotifyで聴いていると
何というロングラン!
いや、ロングヒット?
なんて言うのかわからないけど
去年の曲じゃん!という曲が多い。
海外の曲もあまり情報に入ってこなくなったし。

でもサブスクのおかげで
海外の曲も手軽に聴ける機会は増えて
聴いてみるけどラップばっかりというのも・・・
歌詞が共感できないのでヒットにピンと来ない。
こっちも同じような曲ばかり
ランキング上位を占めている。

あ、この時期だかから
ワム!とかマライヤ・キャリーがまた!
ってのも毎年のお約束だけど。

日本のランキング、
ヒゲダンがランキングを占めていた時から
その傾向は始まっていたように思ったけど、
今年はコロナもあって特別で
でもこれから音楽の世界も変わるんだろう。

貪るようにいろんな国の曲を聴き
そうせきでお客さんにむりやり聴かせていた頃が懐かしく
ふと懐古的気分でフランスのチャートを聴いてみると
ああ、変わらない。
国によって違うヒットチャート
フランスは相変わらず上位チャートに
EDM要素がある曲があがっている。

日本は?
アイドル? アニソン?
批判じゃなく、
音楽の国による多様性は楽しい。
シティ・ポップが海外でうけてるらしいし、
私も今一番聴いているのはLiSAの曲ばっかりなのだ。
なぜか『Catch the Moment』ループですが。

せっかくのサブスク、
みんなもいろんな国の曲聞いて欲しいな。

Dalida Come prima

「ダリダ〜あまい囁き〜」を観た中で、一番心に残った曲。
ただ単に「コメ・プリマ」が好きなだけってのもあるけど。
「コメ・プリマ」聴くと涙出てくる。

Dalida Come prima

音楽がないと生きてゆけない

若い頃はよくそんな風に言ったものですが、時代が変わってきましたね。

こんなにも音楽の価値が下がるとは思いませんでした。

それでも、好きな音楽を聴くと、気持ちが高揚して、一日を幸せに終わることが出来ます。

好きな音楽は、人とは少し違っているようです。

そんな音楽を、記録したいので載せてゆこうかと思います。