PLAN 75(本編:112分)

陰鬱な気分がしばらく続きます。

わざと暗く撮っているのか、高齢者の顔の皺もくっきりと、とても暗い気持ちになります。倍賞千恵子さんも年をとったなぁ、その他の年配の役者さんも、恐ろしいほどのリアルな老人の演技です。

カタルシスがもたらされるのがボーリング場のシーン。このシーンがこの映画を観たことに深い感動を与えてくれると私は思いました。

磯村勇斗さんの繊細な演技にも心を動かされます。

河合優実さんも、いくつかの映画でいいなと思っていた俳優さんで、この映画でも筋の通った美しさを感じました。

そして倍賞千恵子さんの真骨頂。電話のシーンでは、やはりその声のよさ、演技力、心に染みいってきました。

ラストまでのたかお鷹さんは、ただいるだけで存在感がまるでその役の人のようでした。

新しい切り口での安楽死をテーマにしたこの作品、ぜひいろんな世代の人に観て、語り合ってもらいたいです。

きっとその語り合いが、新しい日本を作り出すと思っています。

今日から深夜営業

梅雨明け早々、早速の猛暑です。

お昼までは、まだ土間はひんやりとかツイートして、その後の暑さときたら・・・。

ニュースでは東京の節電の報道ばっかりやっているので、午後から仕事をやめて、今日から夜の業務に切り替えることにしました。

急ぎの仕事では無いので、今日から、気温も下がり電気代の安い深夜に集中して仕事をします。

さっき閉店30分前のディスカウントストアに行ったら、節電のためか看板のライトが消えていました。

熊本地震や、コロナの緊急事態宣言時を思い出してちょっと暗い気持ちに。

地球の状態を考えると、今後こういったことが日常になってゆくんでしょうね。

仕事でSDGsも勉強していますが、人間は持続可能な地球のためにいろいろと学び、改善してゆかないといけませんね。

 

サイトをちょこまかといじっているんですが、久しぶりに楽しい感じです。HTMLを一生懸命いじっていた頃を思い出します。

いまんとこ、前のデザインを元に、スマホ表示をメインにして、見やすいようにちょこちょこ変更しています。どこに落ち着くか、楽しみではあります。

ある程度かたちが決まったら、知人にはアナログの暑中見舞いを出して、本格的に運営してゆこうと思っています。

メインの作品紹介までまだまだ行きつかない、書き殴り状態です。そのうち整理したら、この書き殴りも削除するかものレアものですよ。