人生を取り戻す〜「カヌーイスト・作家の野田知佑さん」死去のニュース記事を読んで

カヌーイスト・作家の野田知佑さん死去
— 読み進める news.yahoo.co.jp/articles/ae77743da042197ad256d1890159c50d5a95413b

ここ数日急に仕事が立て込んで、長い停滞のあとの脳にはハードワークであった。

寝不足でもあったので夕方から寝込んでしまい、何か不快な夢を見ていたようで寝汗をかいて喉が渇き、はっと目を覚ますと深夜。一瞬次の日かと焦ったが、外はまだ暗かった。

寝起きにYahoo!ニュースをチェックする。この頃は世情の変化がめまぐるしく、ちょっと気を抜くと大きな出来事が起こっていたりする。今はウクライナ情勢が緊迫しており、その点では少しの間も目が離せない。

トップニュースにぱっと目に入る文字があった。「カヌーイスト」そして「ああ野田さん、亡くなられたのか」と、しんみりとした。記事は読み飛ばし、コメントが目を引いた。多分同世代であろう。追悼の言葉と思い出話が並ぶ。私も心の中で追悼しつつ、あの頃の思いが甦った。

椎名さん、野田さん、ガク、その冒険譚を読み憧れた。同じように生きていきたいと思ったが、女であることを言い訳に、いつしか現代の社会にのまれていた。そして去年は、あんなに孤高の暮らしに憧れたのに、孤独に耐えられなく病んだではないか。

コメントにハッとさせられた。これでよかったんだ、そう思った。もう終わりが見えてきた人生、舳先をあの頃目指した方向へ向け、進んでゆこうではないか。人生の方向性を取り戻した気分だ。

大荒れの春の嵐でユキヤナギはあっという間に散ってしまった

満たされる日々

書くことないな。

最近そう思って、色々やめてしまった。

不健康なわけではないよ。

わたしはいつも

きっと心配されるから

だけど、大きな人間関係の問題も

解決してしまってからは

ぽかんとした感じ。

ああ、この「ぽかん」って

「ぽかん」と何も無いところに

まあるい、あたたかいもので

満たされているのです。

空虚でかなしい感じじゃあ

ないんですよ。

わたしはそういう気持ちの時は

時がとうとうと流れ

何もしなくて1日が終わる感じなのです。

もちろん、

洗濯や、植木に水をやったり

今風にネットを見たり

人としての日常を送っています。

仕事もしていますよ。

やめてしまったら、

毎日が楽しくなって

おすすめです。

かなしいこと、くるしいことは

しなくていいんです。

やめちまいましょう。

最近の近況

ツイッター初期からやってるけど
最近の仕様についていけなくなり
やめようと思っています。

映画は毎週観に行ってるけど
「鬼滅の刃」の無限列車に乗車してから
本来の絵描きに火がついて
絵ばっかり描いてます。

本拠地ここだけになるかもな〜?

なんで色おかしいの?
わからん。

ペンタブのヴァージョンが古くて
いよいよペインターの動作がおかしくなってきたから
Photoshopで描いた。
イラレはエラー出てるけど、
Photoshopは大丈夫みたい。

デジタル画材、
貧乏人はギリギリまで使いますわ。

お知らせ

災害続きなのとコロナで

いろいろちゃんとしようと思います

少しずつ準備していますが、

それまではツイッターをご覧下さい。

パソコンは右下に貼り付けてあります。

スマホの人はお手数ですが

下の方までスクロールしてね。

雨の狭間を見つけた。

夕方のローカルニュースで、雨の境目の写真を観た。

そのあと、いつもの夕方の撮影に出かけたら、すでに曇っていて、夕日は望めなかった。

そのかわり遠くに縦のもやが。

ああ、あれだ。

おかげですぐにわかった。

あれは雨の境目なのだ。

 

その場所にはまだ雨はやってこない。

少し逃げながら、田んぼのまん中で雨の狭間を撮影した。

今日はきれいな夕焼けではなかった。

天気は下り坂だ。

 

今日は仕事がたくさん重なって忙しかった。

その合間に、伯母のおむつ類を介護施設に持って行って、

母には市役所に手続きに行ってもらって、また1つ、先に進んだ。

 

昨日より気温が低い。

心地よい疲れ。

お供え物の果物を食べた。

ごはんがおいしい。

雨の狭間を見つけた。#イマソラ #mysky #sky #sunset #evening #rain #cloudy #summer #august